2013/08/08

黒の学位論文

Twitterでつぶやいてたサンホラの黒の預言書の改変(http://togetter.com/li/544730)を個人的にカラオケ用に最適化+地味に改良しました。
誰か歌って下さい(迫真)

カラオケ用BGM→http://www.nicovideo.jp/watch/sm1828150

↓以下歌詞↓

博士課程組曲...
<黒の学位論文>(ブラックモノグラフ)
それは…学位を巡る院生と研究の物語

参加したいゼミがあるんだ...
辿りたい学会があるんだ...
守りたい功績があるんだ...
誇りたい学歴があるんだ...
収めたい論文があるんだ...
聴かせたい研究があるんだ...
語りたい論題があるんだ...
掲げたい学位があるんだ...

どんな時でもボクらは諦めない 研究の彼方 遠くて近い卒業
教授との約束 受け継がれる想い 終わらないボクらの学位論文(モノグラフ)...

<修士2年>(えむに)よ…私は悲しい…!
君ならば論文(しょ)の真理が理解できると思っていたのだがねぇ…
まぁよい…学位を与えられると思い上がっているのなら…いつでも掛かっておいでなさい…

<黒の学位論文>(ブラックモノグラフ)

物心付いた時 先輩は既に居なかった
仄かな哀しみは 優しい嘲笑感…

(──ボクらのゼミはどこまでも逝けそう)

進級する前に 後輩も既に居なかった
確かな憎しみは 激しい収入差…

(──後輩が見つかる 就職して裏切る)

違う専攻抱いて 進めてきた研究も現在(いま)は
同じ研究室(ゼミ)に抱かれてる それなのに...それなのに...
あの頃ボクらが夢見てた 未来へ駆ける研究職(しごと)を
追い駈ける影が在ることも 識らなかったボクらを乗せて
疾って往くよ...予定された実験へと...
黒の学位論文(ブラックモノグラフ)

<黒の学位論文>(ブラックモノグラフ)
それは「存在してはならない論文(書物)」
とある大学法人(ユニバーシティ)の施設より押収された
全二十四章から成る黒い表紙の古書

そこに記されていたのは 有史以来の数多の記録
ある種の整合性を持つ 歴然とした年代記
それをパクリと認めるならば
教授会の肯定してきた学位論文(モノグラフ)とは何なのだろうか

論文(しょ)の記述は未来にまで及び 一つの相違(しゅし)に
複数の学説(は)を芽吹かせ 蟲惑(こわく)の論争(はな)を咲かせる
その最大の論点は 近い未来(さき)この論文が
抹消を迎えるという<史実>...

何処までが成果で何処からがパクリだ?
そこを見誤ると学会に葬られる
各々で勝手に引用を敷いてる
LaTeX(らてふ)に刻むは研究の軌跡だ
嗚呼...ショボイ...これは何てショボイ成果だ...

──査読(レフェリング)

教授(てき)は全部殺すんだ ゼミよそれで一時安心だ
けれど味方も教授(てき)になるんだ ならば先手打って殺すんだ
しかし教授(てき)は無くならないんだ だから怯えながらパクるんだ
されどそれを繰り返すだけだ それが研究職(しごと)を掴む途だ

間違ってる そんな研究 間違ってるんだ
この成果を 売ろうとしてる 奴らがいるんだ
気付くべきだ 気付いたなら パクるべきだ
たった一稿 でっち上げる 教授のように

あの頃ボクらが手掛けてた 査読へ託す論文を
書き換える教授(影)が在ることも 識らなかったボクらを超えて
パクって逝こう…研究にない<成果>(はじまり)へと...
黒の学位論文(ブラックモノグラフ)

物心ついた時 教授は既に居なかった...
引退だとボクに告げたのは
助手であるボクを引き取り就職させた大学(そしき)だった
大学(そしき)には似たような奴らが何人も居た
やがて大学(そしき)に疑問を抱いたボクらは大学(そしき)から転職した...

2013/06/20

Macでmikutter〜Rubyインスコから日本語入力できるまで〜

Mountain Lion(10.8.4)にmikutter0.2を導入してみました。(バージョン表記は2013年6月20日の段階です。)

ぶっちゃけ山ライオン以外でも動かせるはずです。尚、Homebrew+rbenvを利用します。あとシェルはbashです。

・とりあえず使うもの(導入されている場合は割愛してください。)

1.Xcode(4.6.3)、Command Line Toolsをインストールします。

2.XQuartz(2.7.4)を導入します。

mikutterはXQuartz上で動作するためです。

3.Homebrewをインストール、その後gitを導入。

$ ruby -e "$(curl -fsSkL raw.github.com/mxcl/homebrew/go)"
$ brew install git
$ brew update

4.rbenvを入れる。

$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

5.PATHを設定します。

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile
(あとでPATH通ってねーぞカスって状態なら上の~/.bash_profile~/.bashrcに書き換えて実行してみてください。)

6.ruby-buildをつっこみます。

$ mkdir -p ~/.rbenv/plugins
$ cd ~/.rbenv/plugins
$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git

7.Ruby1.9.3-p429を導入します。

$ rbenv install 1.9.3-p429
$ rbenv global 1.9.3-p429
$ ruby -v
※ここでrubyのバージョンがruby 1.9.3p429 (2013-05-15 revision 40747) [x86_64-darwin12.4.0](OSXのバージョンで[]の内容は変わります。)となっていなければもう一度確かめるかググってください。)

gemのバージョンを最新にする。
$ gem update --system
$gem -v
※ここでgemのバージョンが2.0.3(またはそれ以上)でなければ頑張ってください(?)

仕上げ♡
$ gem install rbenv-rehash
これで必要最低限のまともなruby環境になりました。

8.mikutterを動かすためのパッケージ

Twitterしながら気長に待ちましょう。
$ brew install gtk+
$ gem install gtk2
$ gem install bundler

9.そういえば肝心のmikutterいれてなかったね

というわけで本体をDLします。過去バージョン使いたかったら公式から直接DLしてもいいんじゃよ
$ git clone git://toshia.dip.jp/mikutter.git

バージョンによるけどとりあえずGemfileいじります。宗教戦争に巻き込まれたくなかったら直接編集するか他のエディタ使ってください。
$ vim mikutter/core/plugin/gtk/Gemfile
とりあえずgem 'gtk2', '~> 2.0.2'と変更しておけば安心です。

10.mikutterを動かそう

$ cd mikutter
$ bundle install
$ bundle && bundle exec ruby mikutter.rb
これで起動するはずです。次に起動するときから$ ruby mikutter.rbでいいんじゃね?おめでとう( ◠‿◠ )
※なんかbundleうまくいかねーぞゴミって人はググってパーミッション通せばいいんじゃないかな??????????????????

11.MacUIMを導入

これでできたと思うじゃん?これでは日本語が入力できません。If you are not Japanese, This item is unnecessary.
ということでMacUIMなるものを導入することにします。バージョンは0.6.15-2でした。とりあえず入れてくださいお願いします話が進みません。
導入したらまずはシステム環境設定言語とテキスト入力ソースでMacUIMとその下の日本語の2つにチェックを入れてください。
その後システム環境設定のその他の項目にMacUIMが追加されているはずです。

12.MacUIMをXQuartzで使えるようになるまで

HOME直下にフォルダ".xinitrc.d"を作ります。
$ mkdir ~/.xinitrc.d

そのフォルダにuim-xim.shを作成し、以下を記述してください。宗教戦争とかどうでもいいです。
#!/bin/sh
/Library/Frameworks/UIM.framework/Versions/Current/bin/uim-xim &

( ◠‿◠ )shに権限を与えよう( ◠‿◠ )
$ chmod 755 $HOME/.xinitrc.d/uim-xim.sh

さっきPATHを設定したようにこれします。.bashrcでもry
echo 'export LANG=ja_JP.UTF-8"' >> ~/.bash_profile
echo 'export XMODIFIERS=@im=uim"' >> ~/.bash_profile
echo 'export GTK_IM_MODULE=uim"' >> ~/.bash_profile

最後の仕上げですが、
Mountain Lionの場合
(/private)/etc"直下に"launchd.conf"を作り以下を記述します。多分てか普通にアクセスにpasswordを要求されます。
setenv LANG=ja_JP.UTF-8
setenv XMODIFIERS=@im=uim
setenv GTK_IM_MODULE=uim

それ以外の場合(Lionとか)
たぶんこれでうごく(とあるバージョンのLion実機では確認済)
$defaults write ~/.MacOSX/environment XMODIFIERS "@im=uim"

13.最後に
再起動しよう。mikutter起動しよう。おしまい。

14.何か言うことある?
これ参考にしました。ありがとうございます。
みぞの忘備録
Mountain Lion の X11(XQuartz)日本語環境: Apple サポートコミュニティ
XQuartz で日本語入力(MacUIM Mozc) - mattintosh note -hatena-

…ますか?…聞こえますか?日本語切り替えはXQuartz上で<Shift+Space>です…。決して<⌘+Space>ではありません…。XQuartz上で<Shift+Space>を押すのです…。

Too late.

2013/01/16

近状2

冬コミお疲れ様でした。そしてALICEMETIC委託分含め完売しているので再販の予定はございませんあしからず。 

学畜たのしい!!!!!!脳汁やばい!!!!!!!!


っていう現状と就職活動始めてるので例大祭申し込むのやめましたすいませんでした。・゚・(◞‸◟)・゚・。

Twitterは暇な時だけたまーーーーーーーーーーーーーに見ます今後ともよろしくお願いします。